子どもがいるから頑張れる、というのが全然わからなかった私。

何に(意識を)集中して、どこにエネルギーを使うのか。

 www.keaaki.com

私は「子どもがいるから頑張れる」というのが、全然わかりませんでした。

子どもがいるから(私の場合、主に息子)これが出来ない。
あれも出来ない。
こんなふうに(悪く)思われる。
こんな(嫌な)思いをしなきゃならない・・・。

子どもが「可愛い」より、「辛い」気持ちのほうが大きかったんです。

子どもを持つまでは、自分さえ気を付けていればいい人でいられたのに(苦笑)
子どもの行動は私の思い通りにコントロール出来るわけではないから、他人に迷惑をかける行動をとりがちな息子のせいで、自分が自分でなくなっていくような、自分が必死に守ってきたものが壊されていくような、そんな不安を感じていました。
(結果的に、壊されて良かったのですが・・・)

子育てで、何に意識を集中して、どこにエネルギーを使うのか。

私は「他人の目」に意識を集中して、自分がいい母親に見えるよう子どもをコントロールする事にエネルギーを使っていました。

子どもがいるから頑張れる、ではなく、子どもをコントロールするために頑張っていて、でも上手くいかなくて、私は疲れきっていました。

その後、他人軸から自分軸へと意識が変わると、

目の前の子どもに集中して、子どもの話を聞く事、子どもをよく見る事にエネルギーを使えるようになり、

先入観を取り払って息子を見てみると、だんだん、今まで理解できなかった行動の意味が見えてくるようになりました。

なんで私を困らせるの?
なんで私に恥をかかせるの?
なんでみんなと同じようにしないの?

そんな目線だったのが、
息子の繊細さ、優しさに気付いて、息子との関わりに楽しさや独特の味わいを感じられるようになりました。

そして、子どもの存在が私を大きく成長させてくれるきっかけになった・・・その事に感謝の気持ちがあふれてきました。

子どものおかげで、自分の中にある「強さ」を思い出す事ができたし、自分だけだったら言い訳したり逃げていた事も、頑張ってみようと思える。

私が守ってきたもの(失敗したくない、カッコ悪いところを人に見られたくない・・・)を壊された先にあったのは、自分が自分の人生を生きている、という感覚でした。

今は、私も私なりに、子どもがいるから頑張れる(子どもの存在が刺激になって、一歩踏み出してみようと思える)と思うのです。

f:id:Lotuslapislazuli:20190307112012j:plain

スコーンが好きです。家で作ってみたいな~と思いながら、月日は過ぎて・・・。