懐かしい!長谷川理恵さんの「野菜美人」。そして、ステッドラーの色鉛筆。

図書館で、長谷川理恵さんの「野菜美人」を借りました。

 

野菜美人

野菜美人

 

野菜が美味しくいただけるレシピが載ったこの本、過去に持っていたと思うのです。(転勤のたびに断捨離するので、過去に何を持っていたか、もう記憶が曖昧)

気に入ったレシピがいくつかあったのに、いつの間にか忘れていました。

懐かしい・・・。キノコの炒めもの、また作ろう🍄

 

🍅 🍆 🍎 🍊 🍓

私にとって長谷川理恵さんと言えば、ベジタブル&フルーツマイスターのイメージ。

ベジタブル&フルーツマイスター、ずっと前に話題になりましたよね。

私は栄養士という事もあり、その新しい資格に興味を持ち、授業を受けにいきました。

授業は楽しかったのですが、実は一番興味を持ったのは、野菜とか栄養よりも「色彩学」💦(先生の、色の知識を生かしたファッションも素敵でした・・・)

もともと「色」が好きな私は、気持ちが盛り上がってしまい、その時は本気で色に関してもっと学びたい!と思いました。

結局、これというものは見付からなかったけれど、自分はとても色が好きなのだと再確認しました。(野菜関係ないですね💦)

f:id:Lotuslapislazuli:20190124122335j:plain

我が家の子どもたちは、ステッドラーのエルゴソフトで色鉛筆デビューしました。

そして「色」と言えば、色鉛筆。

初めて子どもに色鉛筆を買うとき、張り切って探しました。

張り切ってみたものの何がいいのかよくわからなくて、最終的に、ただ自分の色の好みだけで決めたんですけどね・・・。

f:id:Lotuslapislazuli:20190124122429j:plain

娘が小さい頃に描いた絵。

このピンク色に心奪われました。

私が子どもの時には、あまりなかった色だと思います。

f:id:Lotuslapislazuli:20190124122354j:plain

使ってみると、芯が柔らかく描きやすいんです。一般的な色鉛筆とクレヨンの間くらいのなめらかさ。(大げさかもしれません💦)

そして抜群に美しい発色。

まだ幼かった子どもたちも描きやすそうでした。

そして、エルゴソフトのなめらかさに慣れたら他の色鉛筆が使えなくなるんじゃない⁉なんていう私の心配をよそに、子どもたちは他の色鉛筆も普通に使っています。よほど芯が硬くて発色が悪いものは別ですが・・・。

でも、娘は一応、ステッドラーのものが描きやすいそう。

f:id:Lotuslapislazuli:20190124122415j:image

ふたを折り曲げると、立てられます。

ステッドラーに詳しくはない私ですが、エルゴソフト大好きです!